色あせた日本美術や白黒写真画像&映像をキレイにしたり、加工したり、カラー化したり。レタッチ技術で、ライフスタイルをもっと楽しく、美しく。

第1回の「賞道(しょうどう)のすすめ」”仏像編”が終了しました。これまで講座は何回もやっているのですが、「賞道」のシリーズは初めて。ちょっと緊張しましたけどやりきりました、完全燃焼です!
最後にはみなさん喜んで帰っていただけたので、成功と言えるのではないでしょうか。

ド派手な大仏に、あんぐり

奈良の大仏、創建当時はどんな色をしていたか……。その画像をスクリーンに映し出すとどよめきが起こりました。それも不思議ではありません、なにせ、金色だったのですから!
このド派手なインパクトによって、人々は「仏教はミラクルだ!」と圧倒されたんですね~

赤ら顔でおどけて見せて

あなたも被ってみれば酔っ払い!当日は、大仏の開眼供養で演じられた「伎楽(きがく)」のお面、「伎楽面」を持って行きました。「酔胡従(すいこじゅう)」という名のお面で、中東アジアの酔っ払い家臣を表しているのですが、なんか和んでしまう、憎めないやつです。
shodo01snap2

お菓子はおかしな「親父ギャグ」で

この講座では、お菓子のお土産がつく可能性が! なんと、主催するタノカンサは、イベントなどを企画する会社ではなくて、受注専門のお菓子屋さんなんです!
今回はお寺の釣鐘をイメージして「カヌレ」という、フランスのお菓子がふるまわれました!
shodo01snap3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA