色あせた日本美術や白黒写真画像&映像をキレイにしたり、加工したり、カラー化したり。レタッチ技術で、ライフスタイルをもっと楽しく、美しく。

トランプ大統領のニュースで世界がざわついている間に、年が変わって早くも1カ月が経ちました。前回からたっぷりと2カ月のお時間をいただき準備をしてまいりました「賞道のすすめ」、満を持していよいよ今年も始まります!





「もとの色にもどした作品を さわる、さわる、さわる!」「ぞくぞくするほど楽しい! カンタン ”体感” 日本美術」
と新しいフライヤーにもありますように、もともと多くが道具だった日本美術。さわらないと分からないし、さわるから簡単にわかって楽しくなってくる。そんなワクワクのワークショップを体験しませんか?





今回の会場は、日本橋・COREDO室町3にございます「橋楽亭(きょうらくてい)」と「囲庵(めぐりあん)」。駅名で言えば地下鉄銀座線と半蔵門線の「三越前」です。駅から地下道で直接COREDO室町3につながっているのでとても便利で、これなら雨の日も安心です。
広々とした畳敷きの広間に茶室もつかって、どんな鑑賞をしましょうか。今からこちらもワクワクしております。




第1回 「掛け軸」3月1日(水)
第2回 「仏 像」 3月29日(水)
第3回 「屏 風」 4月19日(水)
第4回 「絵巻物」5月31日(水)
第5回 「古墳壁画」6月21日(水)
※当初、第1回目は2月22日とお伝えしましたが、3月1日に変更になりました。どうぞ、ご注意ください。




なんと言っても注目は新しい項目の「古墳壁画」ではないでしょうか。
今までもミニチュアでご紹介をしてまいりましたが、今回は原寸です。身を横たえて見えてくる、飛鳥時代の異空間とは?
その前に、原寸!? 本当に実現が可能なのでしょうか。とにかくがんばります、ご期待くださいませ。




他は、同じじゃないか、と思われる方、そんなことはございません。どの回にも、新しい作品やバージョンアップした作品が初登場します。
もちろん、ほとんどが昨年の「秋季・賞道のすすめ」とは違う作品。昨年の「春季・賞道のすすめ」とは重なる作品は登場しますが、前回とは違う内容もプラスされますので、出席された方も十分楽しんでいただけます。
何か新しいのか、どこが見どころなのか、具体的な内容はその都度ご説明しますね。どうぞ、お楽しみに。




お申し込みは、専用の応募フォームからお願いいたします。
トップメニュー右端の「お問い合わせ」をクリック、表示される「平成29年度『春季・賞道のすすめ』」を選択すると、応募フォームが表示されます。
もしくは、以下のリンクをクリックして下さい。
平成29年度「春季・賞道のすすめ」応募フォーム




みな様のご参加、心よりお待ち申し上げております。
「賞道」で気軽に楽しめる日本美術。分かれば生活もちょっと変わるかも。