色あせた日本美術や白黒写真画像&映像をキレイにしたり、加工したり、カラー化したり。レタッチ技術で、ライフスタイルをもっと楽しく、美しく。

image
7月は向源スピンオフイベント以外にも北九州・名古屋での講座と小林の活動の幅は拡大中!
そんな中、いよいよ間もなく7月26日(火)から本講座「賞道のすすめ」が始まります。

美術鑑賞においてガラスケースの向こうに陳列されるのをただ眺める現在の鑑賞スタイルへのアンチテーゼがこの「賞道」。賞道では美術品を往時の色彩・仕様に復元し、積極的に鑑賞する「攻めの鑑賞スタイル」です。
屏風であれば最も自分にしっくりくる鑑賞位置を寝たり座ったりしながら発見したり、絵巻物であれば巻いた紙を少しずつ繰ってアニメーションを楽しむのです
風神雷神灯S
拝むもの、仕切るもの、閉じるもの…道具としての役割をまっとうさせながら当時の人々が受けたものと同様の衝撃(インパクト)を感じてみるための挑戦も果敢におこなっています。
時代背景や制作意図の解説にもじっくり時間を割いたり、より知的欲求も十分に満たせるのが本講座ならではの魅力です。

本講座のほかにも7月はまだまだ盛りだくさん。
梅雨とは思えない暑さに負けない熱いイベントたちにぜひご参加ください。

■本講座「賞道のすすめ」(秋季)
”むかしのままに眺めむれば 向こうの方より語り来る”

第1回「ふすま絵」
狩野永徳「檜図(屏風)」と桂離宮ふすま
日時:2016年7月26日(火)19:00~
参加費:6,000円(単発参加の場合)
会場:江戸からかみ東京松屋インテリア和紙ショールーム
申込先:https://goo.gl/8jrtba

■国宝をベタベタ触ろう Part2 向源スピンオフ!山越阿弥陀図屏風×平治物語絵巻物×雅楽演奏
日時:2016年7月24日(日) 19:00~
参加費:3,000円
会場:湯島山 緑泉寺
申込先:https://goo.gl/1TRdwn

■祈ノ美2016(共同展示)
高校時代の友人同士である竹内マサトと小林が結成したユニット「竹林堂デジタルアート」デビューです。
異彩同士のコラボレーション、今回は手の届くタイムマシンアート。
北斎が現代にタイムリープしたら!?名作「富嶽三十六景」の新解釈が見られるのは今ココだけです!

日時:2016年7月5日(火)~7月14日(木)
会場:西武渋谷店B館8階美術画廊
https://www.facebook.com/events/482202048645680/